マンションは換気の重要度


 一番性能がいいのは「第一種」タイプ2003年(平成15年)6月から、新築住宅については住戸内すべての空気が2時間に1回入れ替わるよう、原則として機械式換気を行うことが義務付けられました。マンションは特に。躯体をコンクリートでI体につくるので隙間がなく、二戸建てに比べてはるかに気密性が高くなります。

そのため。換気はとても重要なのです。ただ、機械式換気にはいくつか種類があり、性能に大きな差があります。一番性能が良いのは、「第一種機械換気」と呼ばれるタイプで、各部屋に吸気用と排気用2本のダクトを引き、それぞれ専用のファンで熱交換器を経由し確実に吸排気を行います。外に面した部分が少ない超高層マンションでは、基本的に「第一種機械換気」を採用すべきです。

換気扇イラスト

一般的なマンションで採用されているのは「第三種機械換気」と呼ばれるタイプです。これは、排気ファンのみで強制的に室内の空気を排出。それも、浴室やトイレの換気扇をゆっくりまわして済ませるのが普通です。吸気はバルコニーに面したリビングーダイニングや外廊下に面した部屋の壁に吸気囗(レジスター)を開け、そこから引き込みます。冬、寒いというのでレジスターを閉めると、十分な換気ができなくなるので注意が必要です。

● 換気に必要な空気の流れはどうなっている?レンジは独立した吸排気換気とは室内の空気を入れ替えることです。空気を入れ替えるには、吸気(入り)と排気(出)の両方が必要です。窓などを閉め切って吸気口(入り口)がない状態だと。換気扇を回してもカラ回りで空気は入ってきません。先ほど説明したように、多くのマンションは「第三種機械換気」によって換気を行います。

第三種では、浴室やトイレの排気ファンをゆっくり回して排気し、それにつれてリビングや居室の吸気囗(外壁に設置)から外気が吸い込まれるようになっています。ただし、キッチンのレンジの排気だけは独立したファンで行うので、専用の吸気口が必要になります。この場合、給排気同時換気型レンジフードといって、レンジ用の吸気は単独のダクトを通してレンジまでひっぱってあるのが望ましいです。

台所

それでなければリビングーダイニングの外壁側に「差圧式吸気囗」を設けるべきです。吸気口は遮音フードで騒音対策もいずれにしろ、換気装置によって室内をどのような経路で空気が流れるのかを確認しておくのがよいでしょう。そして、幹線道路沿いなど吸気囗から外の騒音が入ってきそうな場合は、遮音タイプのフードをつけてあるかどうかチェックしてください。


治安が23区内で一番良いのが文京区。高齢の方や住宅が多い事もあり,商業施設など生活に必要な環境がそろっているのも魅力に感じることでしょう。
それでいて,街の雰囲気は閑静な住宅街というような雰囲気が流れており一戸建てを文京区で購入しましょう!
治安が良いので、一戸建てを購入すれば、小さい子どもがいる家庭でも安心して生活を送ることができますよ!

人気の表参道で暮らせるとしたら嬉しいですよね?表参道には,オシャレなショップなどが建ち並んでいて,一度は住むのに憧れたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
そんな表参道には土地や戸建てなどの不動産物件が充実しています。気になっている方はぜひ一度表参道エリアの不動産について確認しましょう!

新大阪エリアは,交通の利便性が高くて,あらゆるスポットへのアクセスに優れていま。
御堂筋線を活用すれば,梅田までは7分,心斎橋までも13分で移動できます。
そんな新大阪エリアの賃貸情報はシングル向け・ファミリー向けと充実していますよ。ぜひ
新大阪エリアの賃貸生活
をイメージしてみてください。