バリアフリーに関して


 新築時に下地材を入れておく自分が高齢になった場合はもちろん、両親と同居する場合などにも重要になるのがバリアフリーです。「バリア」とは、高齢者や障害者にとって日常生活で障害になる箇所のこと。具体的には、段差やすべりやすい床が”ないこと”、玄関、廊下、トイレ、浴室に身体を支える手すりが設置可能になっていることなどです。「バリアフリー」はこうした障害箇所を解消することを指し、浴室には最初から手すりを設置し、玄関。廊下、トイレは後から手すりを設置できる「下地材」が入っているかどうかをチェックしましょう。

家族

ふつう、住戸内の間仕切り壁は下地が石膏ボードでその上にクロスを貼ってあり、ビスなどで手すりを取り付けても抜けてしまいます。そこで。間仕切り壁を支える間柱の間に下地材(合板)を予め入れておくのです。特にトイレや玄関、廊下などの壁は後から下地材を入れるのが難しいので、新築時に入れてあるのが「住まい」として配慮のある設計といえます。家具転倒防止用金物の下地材もなお、手すり設置用の下地材とともに、今後ぜひ必要なのが家具転倒防止金物のための下地材です。こちらも新築時に予め石膏ボード裏側の間柱の間に入れてあると便利です。

建物デザインと居住性や管理コストは反比例最近の分譲マンションは、建物の外観デザインを重視する一方、居住性や管理コストを軽視する傾向が強まっています。確かに外観デザインはマンションのステータスを表わすため大事です。しかし、住戸プランに影響を与えて居住性が犠牲になったり、管理に手間やコストがかかるのはいただけません。たとえば、外壁と柱を同じ面で揃え、柱を住戸内にもってくる設計手法があります(バルコニ-も外壁面からひっこんだベイバルコニー)。外観がすっきりして美しいのですが、リビング・ダイニングや居室の隅に大きな柱が来て、家具の配置が難しくなります。また、帖数表示ではこの柱の部分も部屋の広さに含まれ。ある意味「誇大広告」です。

ツインタワーマンション

タワーマンションでも、メインバルコニ一の先端に柱をもってきて、6m~8m間隔で並べるケースがあります。縦方向のラインがきれいに見えますが、中層階や低層階の住戸は広くないので、LDや洋室の窓の正面に太い柱が立っているケースが出てきます。これではタワーマンションの唯一のメリットである眺望が台無しです。バルコニーの手摺壁をガラスにするのも疑問です。お洒落に見えますが、問題は手すり壁のガラス外面の清掃をどうやって行うかです。

購入者が自分で行うのは大変危険で、専門業者に定期的に清掃してもらう必要があり、その分、管理費はアップします(たまにこの清掃費用を管理費に含んでいないこともあり要注意です)。また、大地震などの際、どうなのかという不安もあります。これらは本来、購入者の立場に立って、商品企画や設計の段階でよく検討すべきです。


大阪府守口市は大阪市と近く,約14万人の人が生活しています。大適業の本社もあり,住人には従業員も多くなっています。市内にはスーパーなどの商業施設が点在し,お買い物に困る事はありません。そんな守口市なら,大阪市へのお勤めや通学も不便に感じません。大阪府内でお引っ越しなら,守口市で賃貸物件を探してみてはいかがでしょうか。様々な賃貸が集まっていますよ。

大和でマンションを探していて、何度も何度も不動産屋を見て回ってウンザリしているという方!
一般公開はモチロン、無料の会員限定だけが見れる情報も優良な物件が沢山あります!
騙されたという方は一度不動産情報について調べてみましょう。きっと後悔することがありません!

大阪市の難波で賃貸マンションの新生活を考えてみませんか。
中央区は商業面でも大阪の中枢を担っているエリアです。街には繁華街が集まり,お買い物もしやすいです。そのことから,賑やかな街の雰囲気を楽しめますよ。
そんな中央区でも難波は賃貸マンションのお住まいも増えているので賃貸を考えるなら今ですよ。