エレベーターについて


  エレベーターを降りればすぐ玄関エレベーターについていえば、1フロアあたり2戸ないし3戸に1台の割合が理想です。これが「2戸1エレベーター」「3戸1エレベーター」といわれるものです。「2戸1エレベーター」「3戸1エレベーター」であれば、エレベーターを降りればすぐ各住戸の玄関で、よくある長い外廊下(共用廊下)を設ける必要がなくなります。その結果、各住戸の独立性が高まり、「田の字型住戸」なんて関係なくなります。

 「センターイン型住戸」をはじめ間取りプランについて、いろいろ工夫ができるのです。無意味な共用施設よりメリット大もちろん、エレベーターの台数を増やせばそれだけコストがアップし、販売価格にも跳ね返るでしょう。しかし、以前に比べるとエレベーター本体の価格も毎月の点検費用もかなり安くなってきています。無意味に豪華な共用施設をいろいろ付けるくらいなら、その分をエレベーターの台数を増やすほうに回したほうがいいと私は思います。

リュークスタワーっぽい高層マンション

●そのほか、あったらうれしい共用施設とは?

 スロープは傾斜角度が重要高齢社会に欠かせないのがバリアフリーです。マンションの場合、エントランスや駐車場への出入り口にスロープを設けるのは当然でしょう。ただ、スロープは傾斜角度が重要です。8分の1勾配(約7.1度)では車いすで自力で登るのは難しく、12分の1勾配(約4.7度)が望ましいとされます。スロープが長い場合は、途中に踊り場も設けたいところです。

 エントランスの前には「車寄せ」そのほか、エントランスの前に「車寄せ」があると便利です。これは車を停めて乗り降りできる大きな屋根付きのスペースで、脇に一時駐車スペースもあると荷物の積み下ろしや、タクシーを呼んだときの待機場所になります。もうひとつ欲しいのが、ロビーの打ち合わせコーナーです。自宅まで来てもらって話をしたいけど、家の中には入ってほしくないという来客と対応するとき便利です。

6人の外人が会話

 エントランスホールの一角にソファーとテーブルを置いてあれば十分でしょう。こうした共用施設は一見地味ですが、将来にわたって住み心地を大きく左右します。そのうち使われなくなる一見豪華な共用施設よりもよほど必要です。


大阪へのお仕事が新しく決まり,大阪にお引越しを考えているなら,池田エリアの賃貸を探してみてはいかがでしょうか?
池田は自然環境も程よく残り,お子さんのいるご家族から,一人暮らしの学生さんまで様々な層の家庭に賃貸を紹介したくなるエリアです!

この春から,東京に転勤なったけど,あんまり都会過ぎるところでは不安だなという方はぜひ,日野市の不動産物件がピッタリだと思いますよ!日野市は農業が盛んで季節の果実を収穫することが可能です。日野の不動産物件は、近くの日野駅から都心部へも移動しやすいので,通勤・通学にも利用しやすいです。

東京都中野区内で,不動産購入を考えている方は,野方エリアで調べてみませんか?
野方エリアは,野方駅を中心としたエリアのことを言います。全体的に閑静な住宅地が広がっていて,住み心地の良い環境となっています。
商業施設や飲食店も点在しており,商店街などもあるので,生活面において不便に感じることもありません。また,野方駅には西武新宿線が乗り入れているから,都心部へスムーズに向かうことができます。通勤や通学などが便利ということもあって,ベッドタウンとしての役割もになっています。そんな野方エリアの不動産情報を確認しませんか?
ネットから簡単に野方エリアの不動産物件について調べることができるので、引越し先を探している方は一度調べてみてください!